【夢占い】怒る夢の意味は?子供・好きな人・彼氏など意味16選

行動・状態
Photo by Dmitry Vechorko on Unsplash

「怒る」という行動は感情を爆発させる行為ですが、夢占いではどのような意味を持っているのでしょうか?

この記事では、怒る夢の意味について解説しています。

スポンサーリンク

怒る夢の基本的な意味について

夢占いにおいて怒る夢は「エネルギーの解放」「ストレス」を暗示しています。

夢占い(夢診断)において怒る夢は「エネルギーの解放」「ストレス」「不安」「怒り」などを暗示しています。

怒る夢は無意識下の怒りのエネルギーの解放を表しており、エネルギーや気力の高まりの象徴で、その爆発するようなパワーでもって問題やトラブルをたちまち解決に導くことが出来るでしょう。

それ以外にも、ストレスやプレッシャーによる不安を発散して楽になりたい、困難から逃れたいという気持ちを暗示している場合や、怒りや不満を発散させてスッキリしたいという気持ちを象徴している場合もあるようです。

スポンサーリンク

怒る夢・自分が怒る相手別の夢の意味

会社の上司に逆ギレして怒る夢をみました。ちょっとスッキリしたかも

上司に怒る夢は、仕事や上司に対して不満やストレスを抱えているという暗示です。起きてスッキリした気分になっていた場合は、ストレスも発散されていますよ

この項目では、夢の中で誰に怒っていたのか、怒る相手ごとの夢の意味について解説しています。

好きな人に怒る夢

好きな人に怒る夢は、相手にもっと自分のことを理解してほしい、振り向いてほしいという気持ちの暗示です。

あなたは相手が自分を見てくれなかったり、自分の気持ちを分かってくれないことでイライラがつのり、不満やストレスが溜まっている状態のようです。

目覚めた後にスッキリした気分になっていた場合は、夢の中で不満やストレスが発散されていることを意味しており、自分の気持ちを相手に伝えることで関係が良くなる可能性があります。

友達に怒る夢

友達に怒る夢は、あなたの誤解から友達と意見が対立してしまっていることを表しています。

相手の意見や言い分を聞き入れることで、誤解も解けるでしょう。

また、別の解釈としては友達があなた自身を写し出している場合があり、あなたが友達(自分)に怒っていたのは、自分自身の欠点や悪い部分であるという暗示です。

夢に出るということは内心では自分の悪い部分に気付いているはずです。少しずつでいいので直していきましょう。

母親に怒る夢

母親に怒る夢は、母親からの干渉や束縛に嫌気がさしてストレスを抱えている暗示です。

あるいは、母親は何かの象徴で、会社や組織などあなたを束縛し圧力をかけてくるものに対する不満やストレスを抱えている心理状態の暗示であるのかもしれません。

いずれにせよあなたは抑圧されていると感じていて、かなりストレスを溜めている状態です。

そしてそこから逃げたいと思っているのに逃げられない状況に陥っているのではないでしょうか。

できるだけ気分をリフレッシュさせてストレスを減らすようにした方が良いでしょう。

知らない人に怒る夢

知らない人は夢占いでは自分自身の象徴です。

そして知らない人に怒る夢は、あなたが自分自身に対して怒っているという暗示です。

あなたは自分の悪いところについて自覚しており、その欠点を克服したいと思っているようです。

あなたが知らない人に怒っていた理由は何だったのでしょうか?それこそがあなたの直すべき欠点を表しています。

彼氏に怒る夢

彼氏に怒る夢は、恋愛運上昇の暗示です。

夢の中で怒ることでスッキリした気分になり、彼氏に対する不満や不安などが解消され、より親密な関係に進んでいくでしょう。

ただし、暴力を伴う怒り方の場合は彼氏に対するイライラや不満が我慢できない状態の現れで、早急に話し合ってお互いの理解を深めることが大切です。

また、元彼に怒る夢の場合は、相手に未練がない場合は恋愛運上昇の暗示ですが、まだ未練がある場合は恋愛運低下の暗示で愛情に飢えている心理状態を表しています。

夫など配偶者に怒る夢の場合は、夫婦間でトラブルが発生する暗示なので気をつけましょう。

子供に怒る夢

子供に怒る夢は、自分に子供がいるかどうかで解釈が変わってきます。

自分の子供に怒る夢の場合は、子供に何か注意する事があるという暗示。何らかの事情で子供に注意しなさいと伝えたいという気持ちになっていることを意味しています。

子供がいない場合で子供に怒る夢は、夢の中の子供はあなた自身を象徴しており、自分自身の幼稚さや未熟さに対する怒りの感情の暗示です。

上司に怒る夢

上司に怒る夢は、仕事に対する不満やストレス、もしくは上司に対する不満やストレスがある暗示です。仕事で問題が起こって順調に進まなかったり、上司との関係がうまくいっていないのではないでしょうか。

夢の中で怒ってスッキリと目覚められればいいですが、そうではない場合はまだストレスを抱えることになりそうです。

場合によっては別の環境に移ることを考えても良いかもしれません。

※ 上司の夢の意味については、こちらの記事で詳しく解説しています。

先生に怒る夢

先生に怒る夢は、あなたが規則や道徳に縛られて抑圧を受けており、大きなストレスを抱えていることを暗示しています。

あなたは抑圧された状態に我慢できず、爆発しそうな状態のようです。

目覚めてスッキリした気分になっていればストレスも発散されていますが、そうではない場合は気分転換できるような事をして、リフレッシュする必要があるでしょう。

※ 先生の夢の意味については、こちらの記事に詳しく解説しています。
スポンサーリンク

怒る夢・状況に関する夢の意味

怒りながら何かを叫んでる夢をみた。ストレス溜まってんのかなー

怒りながら叫ぶ夢は、不安やストレスに心を押しつぶされそうになって精神的に追い詰められている状態の暗示です。早めにメンタルのケアをしましょう

この項目では、夢の中の場面や状況ごとの怒る夢の意味について解説しています。

怒って泣く夢

泣く夢はストレスから解消されるという意味があります。

そのため、怒って泣く夢は運気上昇の暗示で、不安やストレスが解消されるという暗示です。

怒ることでエネルギーも満ちているので、運勢が好転して上向いていくでしょう。

※ 泣く夢の意味については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

【夢占い】泣く夢の意味は?別れ・悲しい・涙など意味18選
人は悲しい時、あるいは嬉しい時に泣いたりしますが、夢占いでは泣く夢はどのような意味があるのでしょうか? この記事で...

怒って怒鳴る夢

怒って怒鳴る夢は気持ちが後ろ向きになっている暗示で、エネルギーが良くない方向に向かっていることを意味しています。

イライラした感情に流されて正しい判断が出来ていない状態のようです。

このような時は考え方や取組み方を変える必要があることを夢が告げています。

怒って叫ぶ夢

怒って叫ぶ夢は、怒鳴る夢よりも良くありません。

気持ちが後ろ向きになりすぎて、精神的に追い詰められた状態で、不安やストレスに押しつぶされそうになっているのではないでしょうか。

気持ちを落ち着けて、休息をとったり気分をリフレッシュさせるなどして心身の回復を図るべきでしょう。

怒ってパニックになる夢

怒ってパニックになってしまう夢は、自分の力では解決出来ない問題が起こり、どうしていいか分からなくなっている状態の暗示です。

あなたはどうすればいいのか判断ができず、不安やストレスで追い詰められている状態のようです。

自力で解決できなければ、信頼できる誰かに助けてもらいましょう。問題によっては、専門家や公的機関を頼ってもいいかもしれません。

突然キレて怒る夢

突然キレて怒り出す夢は、我慢の限界がきている暗示です。

これまで溜め込んでいた不満や不安、ストレスなどが爆発寸前になっている状態を表しています。

このままの状態では、現実でも些細なことでキレて爆発してしまう危険があります。

十分な休息をとったり、気分転換してリフレッシュするなどして心を癒やすことが大切です。

怒ってスッキリする夢

怒る夢をみた後、目覚めてスッキリした気分になっていた場合は、夢の浄化作用が働いたことを意味しており、夢の中でストレスが発散されて心が軽くなっていることを表しています。

心に余裕が生まれて問題やトラブルにも前向きに対処していけるでしょう。

逆に、怒る夢をみた後に目覚めてスッキリしない場合は、夢の浄化作用が効いていないことを意味しており、不満やストレスが強すぎて浄化しきれないという暗示です。

ストレスの原因になっている問題に対処するには、頼りにできる誰かに相談する方が良いでしょう。

怒って説教する夢

誰かに怒って説教する夢は自分を解きほぐすことを表しており、あなたの心が和らいでいく暗示です。

溜まっていた不満やストレスも解消され、精神的に安定していくでしょう。

幸運を意味する吉夢ですが、焦らない事が重要です。どっしり構えて幸運の訪れを待ちましょう。

怒って笑う夢

怒りながら笑っている夢は、精神的に不安定になっている状態の暗示です。

怒りと笑いの2つの矛盾する感情が同時に現れているということは、何らかの矛盾を心の中に抱えているのではないでしょうか。

あるいは、感情を無理やり抑え込むなどしているのかもしれませんが、あなたの感情は暴走寸前です。

時には本音を吐き出すことが重要だと夢が告げています。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました