【夢占い】色に関する夢の意味とは?赤・青・緑など意味17選

事象・現象
image by @17_baskata at rawpixel.com @byrawpixel
スポンサーリンク

色は心理的な効果をもたらすものとしてよく知られていますが、夢占いにおいても重要な意味を持っています。

この記事では、夢占いにおける色の意味について解説しています。

夢占いでの色の意味とは?

夢占いにおいて、色は感情、精神状態、情緒を象徴しています。

夢占い(夢診断)において色は、あなたの気持ちや感情、精神状態を表しています。

きれいな色、明るい色は精神状態が明るくポジティブであることを反映しており、運気が上昇する傾向です。

しかし、暗い色、汚い色は気持ちが落ち込んでいたり、ネガティブな精神状態であることを表しており、運気も下降傾向です。

夢の中の景色全体が一色のイメージが強かった場合は、その色の持つ意味から夢の内容を解釈しましょう。

また、夢に登場したシンボル的なもの(例:小物や道具、家具・電気製品など)の色の印象が強い場合は、シンボルとなった物よりも色の持つ意味の方が重要である場合があります。

夢の中の人が黄色い帽子を被っていて、その帽子が強く印象に残った場合は、帽子の意味よりも黄色の意味の方が重要度が高いこともあります。帽子と黄色の両方の意味を調べて、夢の意味を解釈する必要があります。

明るくきれいな色の夢の意味

明るくきれいな色の夢は、あなたがポジティブな感情を抱いており、精神が安定していることを表しています。

あなたは活力溢れる状態で、絶好調のようです。何をやっても順調に物事が進みそうです。

また、運気の上昇を意味しているので恋愛や人間関係の面でもうまくいきそうです。

暗く汚い色の夢の意味

暗く汚い色の夢は、あなたの気分が落ち込んでいたり、精神が不安定なことを表しています。

あなたはネガティブな感情にとらわれていて、積極的に行動できないようです。

また、運気が下降していることの暗示でもあるので、今はしっかり休息をとって精神の安定を取り戻すことを考えましょう。

モノクロ(白黒)の夢の意味

モノクロ(白黒)の色が印象的な夢は、あなたの心身が疲弊している状態を暗示しています。

あなたの心は落ち込み、活力を失っており、運気も下降傾向です。

しっかり休息をとってリフレッシュする必要がありそうです。

ありえない色の夢の意味

組み合わせがおかしい色など、普通ではありえないような色の夢は、あなたの精神状態や体調が悪化していることを暗示しています。

運気も下降気味で、課題を無理に進めようと頑張っても思ったように進行せずに苦労するばかりになりそうです。

十分な休息をとって精神の落ち着きや活力を取り戻すことが大切です。

赤色の夢の意味

夢占いにおいて赤い色は、プラス面では「情熱」「生命力の高まり」「勝利」などを象徴しており、マイナス面では「怒り」「争い」「不幸」などを象徴しています。

夢の印象で明るくきれいな赤色の場合は幸運の暗示で、恋愛がうまくいくなど良い事が起こるでしょう。

暗くイメージの悪い赤色の場合は、思わぬ病気やケガをしてしまうかもしれません。

青色の夢の意味

夢占いにおいて青い夢は、プラス面では「知性」「安らぎ」「精神力」などを象徴しており、マイナス面では「憂鬱」「絶望」「死」などを象徴しています。

夢の印象で明るくきれいな青色の場合は安らぎが訪れたり、取り組んでいることが穏やかに発展していくことでしょう。

暗くイメージの悪い青色の場合は、あなたが周囲から孤立したり、問題を抱えて絶望的な気持ちになってしまうことを暗示しています。

黄色の夢の意味

夢占いにおいて黄色の夢は、プラス面では「陽気」「快活」「直感力」などを象徴しており、マイナス面では「停滞」「不安定」「興奮」などを象徴しています。

夢の印象で明るくきれいな黄色の場合は、直感で幸運がつかめることを暗示しており、暗くイメージの悪い黄色の場合は、悩みやトラブルであなたの精神が不安定な状態になることを表しています。

緑色の夢の意味

夢占いにおいて緑色の夢は、プラス面では「成長」「癒やし」「健康」などを象徴しており、マイナス面では「トラブル」「嫉妬」「抑圧された欲求」などを象徴しています。

夢の印象で明るくきれいな緑色の場合は、良い変化の兆しや健康になることを暗示していますが、暗くイメージの悪い緑色の場合は対人関係のトラブルに悩まされそうです。

茶色の夢の意味

夢占いにおいて茶色の夢は、プラス面では「金運」「基礎」「現実的」などを象徴しており、マイナス面では「お金に対する意地汚さ」「不潔」などを象徴しています。

夢の印象で明るくきれいな茶色の場合は、金運の上昇を暗示しており、思いがけない臨時収入があるかもしれません。

暗くイメージが悪い茶色の場合は運気の低下を表しており、健康を害するかもしれません。

紫色の夢の意味

夢占いにおいて紫色の夢は、プラス面では「高貴」「芸術」「魅力」を象徴しており、マイナス面では「悩み」「疲労」「あきらめ」などを象徴しています。

夢の印象で明るくきれいな紫色の場合は、異性から魅力的に見られるなど恋愛面でいい事が起こりそうです。

暗くイメージの悪い紫色の場合は、対人関係の悩みなどで疲弊してしまいそうな事を夢が知らせています。

ピンク色の夢の意味

夢占いにおいてピンク色の夢は、プラス面では「愛情」「優しさ」「幸福」などを象徴しており、マイナス面では「甘え」「不安」「飽きっぽさ」を象徴しています。

夢の印象で明るくきれいなピンク色の場合は、精神的な幸福感に包まれることを暗示しており、ぼんやりとしたイメージの悪いピンク色の場合は、あなたの精神的な甘えや不安感を暗示しています。

オレンジ色の夢の意味

夢占いにおいてオレンジ色の夢は、プラス面では「社交性」「あたたかさ」「充実」などを象徴しており、マイナス面では「失望」「お人好し」などを象徴しています。

夢の印象で明るくきれいなオレンジ色の場合は、あなたのエネルギーの充実を表しており、目標を定めて行動すれば、協力者を得て成功することを暗示しています。

暗くイメージの悪いオレンジ色の場合は、失敗やつまづきで失望することを暗示しています。

金色の夢の意味

夢占いにおいて金色の夢は、プラス面では「名誉」「権力」「富」などを象徴しており、マイナス面では「虚栄心」「傲慢」「野心」などを象徴しています。

夢の印象で明るくきれいな金色の場合は、地位や名誉、あなたにとって価値の高いものを手に入れられることを暗示しています。

暗くイメージの悪い金色の場合は、あなたの傲慢さや見栄っ張りな心のせいで失敗することを暗示しており、謙虚さが必要なことを夢が知らせています。

銀色の夢の意味

夢占いにおいて銀色の夢は、「愛」「堅実」「豊かさ」を象徴しています。

夢の印象できれいな銀色の場合は、愛情や安定した生活による充実を暗示していますが、イメージの悪い銀色の場合は、それらが不足して満足感が得られないことを表しています。

白色の夢の意味

夢占いにおいて白色の夢は、プラス面では「純粋」「誠実さ」「平和」などを象徴しており、マイナス面では「停滞」「病気」などを象徴しています。

夢の印象できれいな白色の場合は、あなたの願いが叶い、運気が上昇していることを暗示していますが、イメージの悪い白色の場合は体調が悪化するなど、健康を損なうことを表しています。

黒色の夢の意味

夢占いにおいて黒色の夢はマイナスの意味が多く、「死」「絶望」「苦悩」などを象徴していますが、他にも「権威」「隠された欲望」などを象徴しています。

黒色が印象に残る夢は凶夢であるケースが多く、トラブルや悩み事を抱えることを暗示していますが、黒色の夢でもポジティブな気持ちを感じられた場合は、将来的には良くなる可能性を表しています。

灰色の夢の意味

夢占いにおいて灰色の夢は、「停滞」「曖昧」「疑惑」などを象徴しています。

灰色が印象に残る夢は、物事が停滞してはっきりせず、どっちつかずの状態であることを暗示しています。

中途半端な状態のため不満やストレスが溜まりがちですが、まだ失敗したわけではないという事でもあります。

気分転換を図り、チャンスがやってくるのを待ちましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました